節約の基本中の基本!格安スマホ会社の上手な選び方。 一台5000円以上の節約も可能!

こんにちは、数年ぶりの大雪で家に巣ごもりブログを書いているシンです。

 

自分は2年ほど前ソフトバンクから格安スマホ九州電力QTモバイルに乗り換えました。それまで通信費だけで8,000円をほどの携帯電話料金が3,000円までに節約できました。

もちろん、そうかと言って格安スマホが絶対的におすすめかというと速度やサポートなどにおいて、人によっては失敗したぁ。となげかれる人もいます。

ですが、家計において通信費を抑えられれば大きな節約になります。

今回はその格安スマホのメリット・デメリットを解説したいと思います

f:id:sinpapasin:20210110113624p:plain

 

 

 

そもそも格安スマホとは?

大手携帯電話会社と比べて、非常に安い料金で使えるスマートフォンのこと。

格安simsimカード)』スマホ端末(本体)』の組み合わせでお得に使えるようになる。

格安SIMSIMカード)とは電話番号などの情報が書き込まれたICカードですが、これを交換することで通信会社を変えることができる。

 

iPhone8がめっちゃ安い!iPhone販売専門【ハピネスネット】

格安スマホで使える端末

MVNO(他社から無線通信インフラを借り受けて、音声通信やデータ通信のサービスを提供する事業者。)Webページでは、動作確認された端末が一覧として掲載されています。

後述しますが今使っている端末もほぼ使えます。

 

  

格安スマホおすすめ会社は?

 人それぞれ価格重視の人、速度をある程度求める人と違うので自分が重視するのはどこなのかをはっきり決めて選ぶことが大事です。

自分は九州電力のQTモバイルで2年ほど前に契約しました。

速度は確かに時間帯によっては繋がりにくいなど、不便なところはありますが価格やサポート体制がしっかりしているので、とても満足しています。

 

格安SIMは各社ドコモやauソフトバンクの大手携帯会社(大手キャリア)の設備の一部を借りているので時間帯によっては、速度が遅くなりがちです。

 

 

格安スマホのメリット

①最大のメリットはやはり安さ!

大手キャリアでスマホを使っている人なら月々に携帯代は安くても5,000円から6,000円。自分が以前使っていたソフトバンクの料金は端末代も入れて13,000円を超えていました。

 

そして現在の我が家のスマホ代の支払いは6,000円ほどです。長男も同じプランに入っているので2台でその値段です。

(端末は一括払いで払いました。)

次男もそろそろスマホを持ちたいとなっても通信料金だけなら10,000円いかないですね。

あとは次男坊が高額なスマホを望まないなら。。(汗)

3大キャリアと比べ、1台あたり3,000円から5,000円ほど安くなりますね。

これは年間にすると相当な金額になります。

 

②今使っているスマホを、引き続き使うことも可能

スマホの中に入っているSIMカードを差し替えるだけで安い料金プランで今までのスマホが利用できます。

手持ちの端末が、もし対応していない場合は『SIMフリー端末』を購入することになります。

価格帯は1万円前後の安いモデルから、ハイスペックな端末まで、選べるようになっています。

iphoneなどももちろん格安SIMで使えますので、中古ショップなどで『SIMフリー』と呼ばれる機種であれば、安い値段で中古のiphoneを使えます。

自分の場合は以前、ソフトバンクのiphone6sを使っていて『SIMロック解除』をして

QTモバイル(ドコモ回線)に使用しました。

 

ドコモで買ったスマホ格安simauソフトバンクの回線で契約する場合はSIMロック解除をする必要があります。(ドコモの回線を契約する場合は不要。)

 

 

③翌月のデータ容量やプランの変更が手軽にできる。

大手キャリアの場合、翌月のデータ容量が決まっていて、変更することは難しいですが、その点、格安スマホは手軽に変更できます。
例えばデータ容量を10GBのプランからあんまり使ってないのでデータ量の小さいプランに変更したり、かけ放題のプランを追加したり、なくすことも電話やホームページで容易に変更が可能です。
当然、付加させるサービスが少ないと月額料金は安くなります。
 

④契約縛りがないプランもある。

大手キャリアも 2019年10月に法律が改正され、9,500円+消費税の契約解除料は廃止され 1,000円〜2,000円程しかかからなくなりました。

一応、格安スマホの場合、最低期間の無いMVNOもありますが、

この点は大きなネックとなっていた2年縛りがなくなったのでメリットと言うほどではなくなりました。

最低利用期間が無いのは、2019年10月以降に契約された新プランの人が対象です。2019年10月以前に契約された旧プランの人については、9,500円+消費税の契約解除料が発生するので確認が必要です。

 

 

格安スマホのデメリット

①通信速度が遅い時間帯がある。

自分の場合は九州電力のQTモバイルに入っていますが、

確かに平日のお昼頃と夕方頃はネットが開きにくいです。

仕事で昼食時などや帰宅時によくネットを使われる方にはあまりお勧めできないかもです。 

これは格安スマホは三大キャリアの回線を間借りしているようなものなので、混みやすく不安定になりやすいのです。

しかし、速度の速い格安simもありますので、速度重視の人はよく調べて契約された方がいいです。

全ての格安simが遅いと言うわけではありません。三大キャリアと変わらないくらいに安定している格安simもあります。

②サポート方法が違う。

三大キャリアを利用中なら、もし何かトラブルなどがあっても、近所にショップがあったりするので、そこで店員さんと実際に顔を合わせてサポートを受けることができます。

ですが基本的に格安SIMはチャットや電話での対応になり、スマホに慣れていない人には不便を感じることも多いと思います。

購入時の初期設定でも三大キャリアの場合は、店舗で設定をやってくれ、そのまま使用できますが、格安スマホは、基本は自分でSIMカードを入れて設定しなければいけません。

確かに最近では実店舗を持つなどの格安会社も出てきましたが、地方ではまだそう言う店舗は少ないのでスマホ初心者やスマホに慣れていない人には不向きです。

 

③キャリアメールが使えない。

docomo.ne.jpや@softbank.ne.jp のキャリアメールが使えなくなります。

長年、馴染んだメールアドレス。変更したことを知人などに連絡したりすることも億劫に感じられる人も多いと思います。

これも人によっては乗り換えたくない理由でしょう。

自分は以前からGmaillineなどのサービスを使っていました。

キャリアから提供されるメールアドレスにこだわりがなければこういうサービスを使い始めるのもいいと思います。

④人によっては通話料金が高くなる。

これは自分の同僚の話なのですが、同僚の家族はよく家族間で電話をしていたのですが格安スマホには『家族割』などのサービスがありませんでしたので、携帯料金が上がったと不満をこぼしていました。

今ではline通話や10分以内のかけ放題プランを使っているようですが、家族間でよく電話をかけあう、ご家族は注意が必要です。

最近では格安SIMでも5分以内、10分以内のかけ放題プランに加えて、時間無制限の『かけ放題プラン』もでてきています。

 

まとめ

格安スマホの最大のメリットはやはり料金の安さです!

確かに大手キャリアに比べれば多少サービスなどの不満はありますが、最近発表されたドコモの新サービス『ahamo』では料金は月額2,980円と格安になるのですが、手続きはオンラインのみ、ドコモショップではサポートが受けられません。

キャリアメール『docomo.ne.jp』のサービスも提供されないそうです。

今後はサービス重視か料金重視の二極化になっていくでしょう。

 

最近では文部科学省が、中学校に災害発生時や連れ去り、痴漢などの犯罪に巻き込まれた際の緊急連絡手段や犯罪の抑止力として、登下校に限り、持ち込み禁止から一部解除になりスマホの持ち込みを認めました。

これからは小学生でも当たり前にスマホを持つでしょう。

そうなってくると、やはりスマホ代で家計が圧迫されてくるでしょうから、早めに格安スマホへの乗り換えを検討されてみるのはどうでしょうか?

今回も最後まで見ていただきありがとうございました。 

ではでは。 

 

ポチっていただけたらうれしいデス

にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村